お祭り

【了徳寺】鳴滝の大根焚きin2018。大根焚寺で食べる大根焚きの日程・アクセス・駐車場情報をご紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都の冬の風物詩「大根焚き」。

無病息災・健康祈願を目的として温かく煮た大根が参拝客にふるまわれる京都の年中行事です。

通称「大根焚寺」の名で親しまれている了徳寺で行われる大根焚きは「鳴滝の大根焚き」と呼ばれ毎年12月9日・10日の2日間行われています。

今年は週末なので平日お仕事の方も行くことができますね♪

鎌倉時代に親鸞(しんらん/僧侶)が愛宕山・月輪寺の帰りに鳴滝で説法を行い、その内容に感銘を受けた里の人が感謝の気持ちを込め塩焚きした大根でもてなした事が始まりと言われています。

View this post on Instagram

書道家 抱泉(Calligrapher Housen)さん(@housennnnn)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

 

了徳寺の大根焚きの特徴

前日の早朝に掘り出された京都府亀岡市の青くび大根約3,000本を直径1メートルの大釜9個で焚き、2日間で約1万人もの人に振る舞われます。

故事にちなんで供えられる大根は塩で焚かれ、振る舞われる分は醤油で味付けされるという特徴があります。

了徳寺の大根焚きの日程

View this post on Instagram

Mandymykyotoさん(@itsen_lin)がシェアした投稿

鳴滝の大根焚きは12月9日(日)・10日(月)の2日間の日程で開催されます

鳴滝の大根焚き
開催日 毎年12月9日・10日
2018年の日にち 2018年12月9日(日)・10日(月)
開催時間 9:00~16:00
金額 ●大根志納券:1,000円
●お斎券:1,600円
住所 〒616-8242
京都府京都市右京区鳴滝本町83
Tel:075-463-0714
マップ
公式URL https://www.ryoutokuji.or.jp/

 

スポンサーリンク

 

了徳寺へのアクセス

了徳寺へのアクセスをご紹介いたします。

電車でお越しの場合

嵐電(京福電鉄)「宇多野駅」下車 徒歩約5分

バスでお越しの場合

京都市バス「鳴滝本町」下車 徒歩約3分

 

スポンサーリンク

 

駐車場情報

専用駐車場と周辺の有料駐車場の有無につぃてご紹介いたします。

専用・無料駐車場

専用駐車場はありません。

周辺の有料駐車場

1、タイムズ鳴滝本町(150m/徒歩3分)

住所  〒616-8242
京都府京都市右京区鳴滝本町100
収納台数 5台
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
終日 200円/40分
【最大料金】
駐車後24時間 最大900円
備考 ●支払い
クレジット:可
Street view  

2、リパークワイド仁和寺前第2(779m/徒歩11分)

住所  〒616-8094
京都府京都市右京区御室小松野町30‐37
収納台数 5台
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
20:00~8:00 100円/60分
8:00~20:00 300円/30分
【最大料金】
駐車後24時間 最大1000円
備考 ●支払い
紙幣:千円のみ
クレジット:不可
領収書発行:可
Street view

3、パラカ御室小松野町第1(825m/徒歩12分)

住所  〒616-8094
京都府京都市右京区御室小松野町31
収納台数 7台
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
全日0:00~24:00 200円/20分
【最大料金】
全日20:00~8:00 300円
月₋金(祝日除く) 900円(~24時)
Street view

”了徳寺”についてちょっとご紹介。

親鸞(しんらん)成人が里の人々のおもてなしに対し、”ススキ”の穂を束ね筆にし、鍋の残り煤で『帰命尽十方無碍光如来(きみょうじんじっぽうむげこうにょらい)』と言う10文字をお礼として残したと言われております。

この故事にちなんで行われる”報恩講”の通称が「大根焚」となったと言い伝えがあります。

さらにその所以で”了徳寺”は「大根焚寺」の通称で愛されています。

 

スポンサーリンク

 

最後に

「大根焚寺」と通称がつくほど大根焚きに縁のあるお寺、了徳寺。

大きなお鍋で焚く3000本の大根は京都の冬を抽象する光景です。

今年は大根食べに了徳寺に行ってみてはいかがですか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*