お祭り

【三宝寺】鳴滝の妙見さんの大根焚き2018 。大根食べて厄落とし。日程・アクセスをご紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都の冬の風物詩「大根焚き」。

無病息災・健康祈願を目的として温かく煮た大根が参拝客にふるまわれる京都の年中行事です。

『鳴滝の妙見さん』の愛称で親しまれる「三宝寺」では毎年12月の第一土曜日とその翌日の日曜日に大根焚きが行われています。

京都市内の大根焚きで一番最初に行われるお寺です。

View this post on Instagram

京都今これさん(@kyotoimakore)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

 

三宝寺の大根焚きの特徴

三宝寺の大根焚きは毎年12月の第一土曜日とその翌日の日曜日に日蓮上人を偲ぶ祈祷会と御会式(おえしき)に合わせて行われます。

一年の罪汚れを落とす「厄落としの大根焚き」とも呼ばれており、亀岡市で作られた大根約500本を巨釜で一昼夜煮込みます。

大根焚きは嵯峨野豆腐を使用したお揚げと一緒に焚かれ、また、冷えた体を温める良薬として柚子を珍重していたという言い伝えに由来し「ゆず御飯」もいただけるのが特徴です。

三宝寺での大根焚きの日程

三宝寺では今年は12月1日(土)・2日(日)の2日間開催されます。

引用:https://blogs.yahoo.co.jp

厄落としの大根焚き
開催日 12月の第1土曜日と翌日の日曜日
2018年の日にち 2018年12月1日(土)、2日(日)
開催時間 10:00~15:00
料金 ●大根焚き:600円
中風よけ祈願をした大根に京豆腐のお揚げが添えらえています
●ゆず御飯:800円
住所 〒616‐8256
京都市右京区鳴滝松本町32
Tel:075-462-6540
マップ
公式URL http://www.sanbouji-kyoto.or.jp/

 

スポンサーリンク

 

三宝寺へのアクセス

View this post on Instagram

イカさん(@t163nk.k)がシェアした投稿

三宝寺へのアクセスをご紹介します。

電車でお越しの場合

嵐電(京福電鉄)北野線『宇多野』下車 徒歩約20分

バスでお越しの場合

京都市バス/JRバス高雄・京北線『三宝寺』下車 徒歩約5分
京都市バス『福王子』下車 徒歩20分

三宝寺周辺の駐車場情報

専用・無料駐車場

無料の専用駐車場があり40台収納可能です。

周辺の有料駐車場

周辺の有料駐車場を近い順に3か所ご紹介します。

1、タイムズ鳴滝本町(987m/徒歩13分)

住所  〒616-8242
京都府京都市右京区鳴滝本町100
収納台数 5台
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
終日 200円/40分
【最大料金】
駐車後24時間 最大900円
支払い関係 ●支払い
クレジット:可
外観

2、タイムズ嵐電常盤駅前(1.5Km/徒歩25分)

住所 〒616-8228
京都府京都市右京区常盤下田町15
収納台数 38台
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
終日 100円/30分
【最大料金】
駐車後24時間 最大400円
備考 ●支払い
クレジット:可
領収書発行:可
外観

3、リパークワイド仁和寺前第2(1.7Km/徒歩21分)

住所 〒616-8094
京都府京都市右京区御室小松野町30番37
収納台数 5台
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
20:00~8:00 100円/60分
8:00~20:00 300円/30分
【最大料金】
駐車後24時間 最大1000円
備考 ●支払い
紙幣:千円のみ
クレジット:不可
領収書発行:可
外観

 

スポンサーリンク

 

”三宝寺”を少しご紹介。

三宝寺は桜の名所とも知られており、御所より移植した「御車返しの桜」が有名です。

桜があまりの美しく帝が車を返したと言われその名がついたと言われており、2004年平成16年に京都市の保存樹として指定されました。

また7月の土用丑の日に開催される「頭痛封じのほうろく灸祈祷」も有名です。

 

スポンサーリンク

 

最後に

三宝寺の大根焚きいかがだったでしょうか?

京都市内最初の大根焚き柚子ごはんも食べ、今年1年の厄を落とし来年もまたいい年を迎える準備をしてみてはいかがですか??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*