お祭り

【千本釈迦堂】大根焚き2018in京都。大根食べて健康増進祈願。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都の冬の風物詩「大根焚き」。

無病息災・健康祈願を目的として温かく煮た大根が参拝客にふるまわれる京都の年中行事です。

京都の大根焚きと言えば一番最初に出てくるのが「千本釈迦堂」ではないでしょうか。

そんな千本釈迦堂の大根焚きについてご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

千本釈迦堂の大根焚きの特徴

View this post on Instagram

STUDIO NORD 一級建築士事務所さん(@s.nord.kyoto)がシェアした投稿

起源は鎌倉時代に大根の切り口に梵字(ぼんじ)を書いて魔除けとしたとされており、現在も梵字を書いた大根を加持祈祷した後、切り分けて炊き込んでいます。

元々は丸々と白く太い京都野菜である聖護院大根を使用し、その一つ一つにカラメルで梵字を書きお釈迦さまを偲んでいました。

しかし、参拝者が増え調達が困難になったり畑が土地開発により減少した事から聖護院大根のみでその数を調達する事が困難となりり現在では長い大根を使用しています。

私たちの生活が豊かになるにつれ伝統が失われていく現実がなんだか切ないですね…。

千本釈迦堂の大根焚きの日程

千本釈迦堂での大根焚きは毎年12月7日・8日の2日間開催されます

イベント名 大根焚き
開催日 毎年12月7日・8日
2018年の日にち 2018年12月7日(金)、8日(土)
開催時間 10:00~16:00
料金 大根焚き:1,000円
住所 〒602-8319
京都市上京区 七本松通今出川上ル
Tel:075-461-5973
マップ
公式URL http://www.daihoonji.com/

 

スポンサーリンク

 

千本釈迦堂へのアクセス

千本釈迦堂へのアクセスをご紹介します。

電車でお越しの場合

嵐電(京福電車)北野線「北野白梅町駅」下車 徒歩約20分、タクシー約5分

バスでお越しの場合

京都市バス『上七軒』下車 徒歩約3分

駐車場情報

専用駐車場と周辺の有料駐車場情報をご紹介いたします。

専用・無料駐車場情報

25台収納可能な専用駐車場があります。

引用:http://daihoonji.com

周辺の有料駐車場

周辺の有料駐車場を3か所ご紹介いたします。

1、リパーク千本釈迦堂南(134m/徒歩2分)

住所 〒602-8319
京都府京都市上京区溝前町77
収納台数 5台
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
8:00~22:00 200円/40分
22:00~8:00 100円/60分
【最大料金】
駐車後12時間以内 最大900円
備考 ●支払い
クレジット:可
外観  

2、リパーク北野天満宮東(183m/徒歩2分)

住所 〒602-8317
京都府京都市上京区東柳町549
収納台数 4台
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
8:00~21:00 300円/50分
21:00~8:00 100円/60分
【最大料金】
駐車後24時間以内 最大600円
備考 ●支払い
クレジット:可
外観

3、タイムズ上七軒(180m/徒歩4分)

住所 〒602-8325
京都府京都市上京区今出川通七本松西入毘沙門町487
収納台数 9台
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
8:00~22:00 200円/40分
22:00~8:00 100円/60分
【最大料金】
駐車後24時間以内 最大1000円
備考 ●支払い
クレジット:可
領収書発行:可
外観

 

スポンサーリンク

 

”千本釈迦堂”についてご紹介

京都市上京区の北野天満宮近くの西陣にある真言宗智山派の寺院で正式名称は「大法恩寺」と言いますが、古くから「千本釈迦堂」の愛称で親しまれています。

鎌倉時代の初期の1221年(承久3年)に義空(求法上人)により開創しました。

本堂(釈迦堂)は「明徳の乱」や「応仁・文明の乱」などの幾多の戦火を逃れ創建当時のままの姿を残す、京都市内で最古の木造建築として国宝にも指定されています。

その本堂の建築のおり、棟梁である長井飛騨守高次の窮地を救った妻が、完成披露目前に夫の手柄が自分の意見である事が世に出回らないようにと自ら命を絶ったとされる「阿亀(おかめ)」の伝説も残っており、本堂の境内にはその遺徳を偲ぶ「おかめ塚」や「おかめ像」が建立され今に伝えられています。

この言い伝えから大工の信仰を集め建築の守護神として、また家庭円満・子授けにもご利益があるとされています。

また春には「阿亀桜」とよばれる伝説にちなんだ枝垂桜が見事な花をさかせ桜でも有名な寺院です。

 

スポンサーリンク

 

最後に

千本釈迦堂の大根焚きいかがだったでしょうか?

歴史を今に伝える千本釈迦堂は京都市内にあり非常に交通の便のより立地です。

温かくておいしい大根を食べながら阿亀塚や阿亀像を拝み、健康増進とともに家庭円満も祈願して良い年を迎えてください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*