お祭り

深大寺だるま市2019日本三大だるま市in東京の日程・アクセス・混雑状況について紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都調布市の深大寺では毎年3月3日・4日にだるま市が開催され、1月の群馬県高崎市・2月の静岡県富士市に続き日本3大だるま市の一つとされています。

山門から境内までの道には約300店舗のだるまを売る露店が並び、2日間で約6〜10万人もの人が訪れます。

そんな深大寺のだるま市についてご紹介して行きます!

 

スポンサーリンク

 

”深大寺だるま市”とは

だるまさんの由来となった達磨菩薩と所縁の深い深い天台宗である深大寺は毎年3月3日4日にだるま市が開かれ1月の群馬県高崎市・2月の静岡県富士市と並ぶ三大だるま市の一つです

深大寺で行われる年中行事の中で一番盛況を博するお祭りで、毎年2日間で10万人もの人が訪れます

 

スポンサーリンク

 

”深大寺だるま市”の日程

深大寺だるま市は3月3日(日)・4日(月)に開催を予定をしています。

厄除元三大師大祭(だるま市)
開催日 2019年3月3日(日)・4日(月)
時間 9:00〜19:00
場所 深大寺 元三大師堂
〒82-0017
東京都調布市深大寺元町5-15-1
●総合受付寺務所
TEL:042-486-5511(9:00〜17:00)
FAX:042-483-6969
地図
公式ホームページ 深大寺HP

 

スポンサーリンク

 

”深大寺だるま市”のみどころ

深大寺だるま市の特徴や見どころについてご紹介して参ります。

お練り行列

両日の14時から行われる「百味献膳の儀」「お練り行列」とは簡単に言えば深大寺の僧侶たちの行列で、だるま市のメインイベント一つです

行列は参道入り口から始まり山門を通り元三大師堂まで続きます。

行列の先頭は深大寺の提灯が務め…


雅な音色を奏でる雅楽(ががく)衆と…

火消の組しるしであった纏(まとい)を持った木遣り(きやり)衆と続き…

供物を持ち、供物に息がかからないようにと口に紙を当てた袴姿の人が現れ…

更に煌びやかな袍裳金襴七条袈裟(ほうもきんらんしちじょうけさ)と言う法衣の中でも最高の儀式服を身に纏った高僧が登場し…

最後に深大寺の最高位僧侶である神官が朱傘と共に登場し行列は終了します。

そのまま元三大師堂に入り「百味献膳の儀」が執り行われます。

お練り行列は参拝客も見ることができますが「百味献膳の儀」は残念ながら見ることができません…残念…。

 

スポンサーリンク

 

百味献膳の儀


引用:https://www.jindaiji.or.jp/event/darumaichi.php

お練り行列で元三大師堂に入り行われる護摩祈願が百味献膳です

「百味講」と呼ばれる講中(こうちゅう/神仏信仰の為に組織した団体)による供物が献上されるなど大規模な護摩祈願が行われます。

だるまの開眼

だるまは購入時には目は入っておらず、購入後に願掛けをしながら片方の目を入れ(=開眼)、願いが叶ったのちにもう片方の目を入れる(=満願)のが一般的です。

購入後に元三大師堂前にある「だるま開眼所」で9時から閉堂(17時頃)までの時間で僧侶が眼を入れてくれますが、その眼の入れ方が特徴的です。

深大寺ではインドの古代文字である「梵字(ぼんじ)」である「阿吽(あうん)」の文字を入れて行きます。

まず購入しただるまの左眼に物事の始まりを表す「阿(あ)」の文字を入れます。

嘆願成就したら右眼に物事の終わりを意味する「吽(うん)」の文字を入れ感謝の気持ちを込め深大寺に納めます

右のだるまが開眼で右のだるまが満願です!分かりやすいですね♪

開眼所は「元三大師堂」の向かいのだるま開眼所で行なっております。

一つ一つ丁寧に購入者の幸せを願い眼を入れてくださいます!

嘆願成就し両目が入っただるまは一般ごみに捨てるのではなく、お焚き上げ所へ持って行きましょう!

 

スポンサーリンク

 

護摩祈願・元三大師御影供(がんざんだいしみえいく)

2日間の護摩祈願のスケジュールは以下の通りです。

①10:00〜
②11:00〜
③12:00〜
④13:00〜
⑤14:00〜元三大師御影供(百善献膳の儀) ※参拝客の入堂はできません。
⑥15:00〜
⑦16:00〜

祈祷の受付は各回15分前までですのでご注意下さい!

14:00からの護摩祈願は参拝客の入堂はできませんが申し込みは可能です。

 

スポンサーリンク

 

混雑状況

約300近くのだるま店が出店しだるまを求め2日間で約10万人もの人が訪れます

写真でも大勢の人で賑わっているのがわかりますね!

だるまさんのご利益と一緒にインフルエンザをもらって来ないよう気をつけて下さいね(笑)

”深大寺だるま市”へのアクセス

深大寺へのアクセスをご紹介いたします。

電車でお越しの場合

電車でお越しの場合は以下の通りです。

各駅から深大寺まではバスかタクシーをご利用ください。

クリックすると画像を拡大できます
引用;https://www.jindaiji.or.jp/contact/

鉄道 最寄り出口
調布駅 京王線 中央口
つつじヶ丘駅 京王線 北口
吉祥寺駅 JR中央線 南口
三鷹駅 JR中央線 南口

バスでお越しの場合

各最寄駅からバスでお越しの場合は以下の通りです。

京王線調布駅

乗り場 下車バス停 バス会社 系統・路線 下車後所要時間
14番 深大寺 京王バス 調34・深大寺行き 徒歩約1分
深大寺小学校前 吉14・吉祥寺駅行き 徒歩約5分
調35・杏林大学病院行き
13番 深大寺入口 鷹56・三鷹駅行き 徒歩約8分
吉06・吉祥寺駅行き

京王線つつじヶ丘駅

下車バス停 バス会社 系統・路線 下車後所要時間
深大寺 京王バス 丘21・深大寺行き 徒歩約1分

JR中央線吉祥寺駅

乗り場 下車バス停 バス会社 系統・路線 下車後所要時間
6番 深大寺 小田急バス 吉04・深大寺行き 徒歩約3分
深大寺入口 吉05・調布駅中央口行き 徒歩約8分
4番 深大寺入口 吉06・調布駅中央口行き 徒歩約8分

JR中央線三鷹駅

乗り場 下車バス停 バス会社 系統・路線 下車後所要時間
3番 深大寺 小田急バス 鷹65・深大寺行き 徒歩約3分
5番 深大寺入口 鷹56・調布駅中央口行き 徒歩約8分

深大寺周辺のバス停の位置は下記地図をご参照ください。


クリックすると画像を拡大できます
引用;https://www.jindaiji.or.jp/contact/

車でお越しの場合

車でお越しの場合は最寄りのインターは以下の通りです。

中央自動車道・調布インター

 

スポンサーリンク

 

交通規制

 

だるま市開催の2日間、深大寺通りが10:00〜16:00 時間帯一方通行になります。

当日は公共交通機関でのご来場をお勧め致します。

 

スポンサーリンク

 

周辺の駐車場情報

周辺の駐車場情報をご紹介いたします。

無料/専用駐車場

深大寺に駐車場はございますが法事か車両祈願の方専用になりますので、参拝客用のものではありません。

周辺の有料駐車場

周辺の有料駐車場をご紹介いたします。

1、パークジャパン 深大寺元町第1駐車場(550m/徒歩約8分)

住所 〒182-0017
東京都調布市深大寺元町3-37
収納台数 4台
外観
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
全日終日 ¥200/60分
【最大料金】
全日20:00-8:00 500円
備考 ●領収書発行:可

2、神代植物公園第二駐車場(700m/徒歩約10分)

住所 〒182-0011
調布市深大寺北町1-4
電話 0424-88-3234
収納台数 100台
外観
営業時間 24時間
料金
【時間料金】
1時間まで300円
以後30分毎に100円

3、神代植物公園第一駐車場(1.1Km/徒歩約15分)

住所 〒182-0011
調布市深大寺北町1-4
電話 0424-88-3234
収納台数 228台 ※うち身障者用3台
外観
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
1時間まで300円
以後30分毎に100円

 

スポンサーリンク

 

深大寺周辺グルメ

深大寺周辺の話題のグルメをご紹介いたします。

だるま市の帰りに寄ってみてはいかがでしょうか?

鬼太郎茶屋

深大寺門前に鬼太郎ワールドが味わえる「鬼太郎茶屋」があります。

動植物と人間の共存をテーマに水木しげるさんの第二の故郷である東京の自然の多い深大寺前に設けられました

妖怪ショップ・妖怪喫茶・妖怪ギャラリーがあり、駄菓子屋風な趣の妖怪ショップでは妖怪グッズを購入することができます。


引用;http://kitaro-chaya.jp/about

妖怪喫茶の店内にはヌリカベの椅子があったり妖怪達がおもてなしをしてくれます。


引用;http://kitaro-chaya.jp/about

目玉のおやじが気持ち良さそうに浮かぶ『ゲゲゲラテ(500円)』や…


引用;http://kitaro-chaya.jp/menu

寒天の一反もめんが可愛い『一反もめんの茶屋サンデー(750円)』はカフェ一番の人気メニューです。

クッキーにはキャラクターや水木しげるさんの名言の焼印がされており、何が当たるかはその時のお楽しみです♪


引用;http://kitaro-chaya.jp/menu

また、妖怪ギャラリーでは水木しげるワールドが広がっており、生前水木しげるさんが描かれた妖怪画や「妖怪日本地図」を見ることができます。


引用;http://kitaro-chaya.jp/menu

 

スポンサーリンク

 

深大寺蕎麦

かつて深大寺周辺はそば畑が広がり非常にそば作りに適した土地でした。

江戸時代に米の代わりにそば粉を寺に納め、そのそば粉で作ったそばを参拝客に振る舞ったことが深大寺そばの始まりと言われています。

深大寺周辺に20数店舗ある深大寺そばのお店でおすすめ店舗をご紹介します。

鬼太郎カフェも捨て難いですが、深大寺そばもぜひご賞味ください!

①湧水(ゆうすい)

国産の石臼で挽いたそば粉を使用した手打ちそばを提供しています。

時期により茨城・北海道・福島県産のそば粉を使い分けており、おすすめは「湧水そば」です。

HP内にクーポン券もありますのでご確認の上お越しください。

【住所】東京都調布市深大寺元町5-9-1
【TEL】042-498-1323
【営業時間】10:30-17:00 …時期により営業時間が異なりますのでHPをご確認ください。
【ホームページ】http://www.yusui.co.jp/
【定休日】木曜日

②一休庵(いっきゅうあん)

キーワードは「自家製分石臼挽きそば」!

玄そばから仕入れ石抜き・磨き・選別・脱皮・色選別・石臼引きの全行程を店舗で行なっています。

脱皮を行うと劣化が始まる為、その作業を店舗で行うことでより鮮度の高い美味しいお蕎麦を食べる事ができます!

十割そば・一休そば(九割そば)・八割そばの3種類から選ぶことができます。

ぜひそば粉の味をお楽しみください!

※写真は八割の大根そばです。

【住所】東京都調布市深大寺元町5-11-2
【TEL】042-482-6773
【営業時間】9:30−17:00
【ホームページ】http://jindaiji19an.com/
【定休日】月曜日

③玉乃屋

自家製分石臼挽きそばで、十割そばと外二そば(そば粉84%・つなぎ16%)の2種類があります。

打つ直前に石臼で挽く為、香り高く新鮮で美味しいお蕎麦をいただくことができます

メニューの中の「変わりそば」は季節ごとに内容が代わり四季折々で楽しむことのできるお蕎麦です。

【住所】東京都調布市深大寺元町5-11-3
【TEL】042-485-0303
【営業時間】9:30-16:30
【ホームページ】http://www.tamanoya.com/
【定休日】月曜日

 

スポンサーリンク

 

その他のだるま市

新年を迎えると全国各地でだるまいちが行われます。

場所によりだるまのデザインや形が変わったり、各地の風習が様々あったりと同じだるまでもだいぶ印象や雰囲気も変わりますのでその違いを楽しむのも良さそうですね♪

初不動@高幡不動
【日にち】1月28日(月)
【場所】高幡不動
【住所】〒191-0031 東京都日野市高幡733
【ホームページ】高幡不動尊金剛寺ホームページ
【紹介サイト】初不動だるま市2019@高幡不動での日程・アクセスをご紹介。だるまに願いを込めて…。
毘沙門天大祭(日本三大だるま市の一つ)
【日にち】2月11・12・13日
【場所】妙法寺
【住所】〒417-0846 静岡県富士市今井2-7-1
【ホームページ】http://www.fuji-bisyamonten.com
【紹介サイト】毘沙門天大祭だるま市2019@静岡県富士市の日程や駐車場情報をご紹介!
白河だるま市
【日にち】2月11日
【場所】JR白河駅前目抜き通り天神町・中町・本町
【ホームページ】http://www.city.shirakawa.fukushima.jp
【紹介サイト】白河だるま市2019in福島の日程や駐車場情報・シャトルバスについてご紹介。

 

スポンサーリンク

 

最後に

日本三大だるま祭りの一つ深大寺のだるま市についてご紹介して参りました。

だるまに1年間の健康や幸せを願いつつ、帰りに深大寺そばや鬼太郎カフェでお腹も満たしてみてはいかがでしょう!

だるまさんを購入された皆様にだるまさんのご利益がありますよう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*