お祭り

【北野天満宮】初天神2019の日程・アクセスをご紹介。露天あり梅の花ありの最初の天神さんへ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北野天満宮では毎月25日が縁日で毎月「天神さんの日」と呼ばれています。

1年に12回ある「天神さんの日」で特に賑わうのは1月の「初天神」と12月の「終い天神」で約15万人もの人が参拝に訪れます。

また1,000店舗以上出店する露天が賑わいに輪をかけます。

 

スポンサーリンク

 

”初天神”とは

北野天満宮は勉強の神様である管原道真公をご祭神としており、全国約12,000ある天満宮・天神社の総本社として知られています

毎月25日は北野天満宮の縁日(=天神さんの日)とされており、ご祭神である菅原道真公の誕生日である6月25日と薨去(皇族など偉い人がなくなる事)した2月25日に由来しています。

1年で12回ある「天神さんの日」で一際賑わうのは最初の天神さんである1月の「初天神」と最後の天神さんである12月の「終い天神」です。

初天神では入試を直前に控えた受験生やその家族が合格祈祷を行ったり、絵馬に思いのたけを綴ったりする姿が多く見られます。

正しく”困った時の神頼み”ですね♪

 

スポンサーリンク

 

”初天神”の日程

”初天神”は1月25日(金)です

初天神
開催日 2019年1月25日
時間 6:00〜21:00
場所 北野天満宮(社務所)
〒602-8386
京都市上京区馬喰町
TEL:075-461-0005
FAX:075-461-6556
地図
公式ホームページ http://kitanotenmangu.or.jp

”初天神”のみどころ

1年の最初の「天神さんの日」と言う事で約1,000店舗近くもの露店が6:00〜21:00ころまで出店し参拝客を出迎えます

飲食店のみならず骨董品や植木・古着屋など様々なジャンルのお店が並びます。

また、縁日の日には日没から21:00頃まで境内のライトアップも行われ、石灯篭350基・釣灯篭250基が国宝の本殿や社殿を幻想的な光景を演出します。

 

スポンサーリンク

 

”初天神”へのアクセス

北野天満宮へのアクセスをご紹介いたします。

電車でお越しの場合

電車でお越しの場合は以下の通りです。

鉄道 最寄り出口 徒歩所要時間
北野白梅町駅 京福電車 約5分

バスでお越しの場合

バスでお越しの場合は以下の通りです。

バス停 バス会社 路線系統 徒歩所要時間
北野天満宮駅 京都市バス 10,50,51,55,
101,102,203
すぐ

車でお越しの場合

名神高速道路南インター又は東インターより約30分

 

スポンサーリンク

 

周辺の駐車場情報

周辺の駐車場情報をご紹介いたします。

無料/専用駐車場

専用駐車場はありますが25日の縁日では利用できません。

周辺の有料駐車場をご利用ください。

周辺の有料駐車場

周辺の有料駐車場をご紹介いたします。

1、リパーク北野天満宮南(650m/徒歩約8分)

住所 〒602-8376
京都府京都市上京区大東町87
収納台数 6台
外観  
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
全日8:00-19:00 200円/40分
全日19:00-8:00 100円/90分
【最大料金】
全日入庫後24時間以内 1,000円
備考 ●クレジットカード利用:可

2、タイムズ北野天満宮前第2(750m/徒歩約9分)

住所 〒602-8386
京都府京都市上京区馬喰町887
収納台数 5台
外観  
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
全日終日 ¥200/60分
【最大料金】
全日駐車後24時間 ¥600
備考 ●クレジットカード利用:可
●領主書発行:可

3、キョウテク 北野天満宮東パーキング(650m/徒歩約6分)

住所 〒602-8386
京都府京都市上京区馬喰町884-3
収納台数 5台
外観  
営業時間 24時間
料金 【時間料金】
8:00-20:00 200円/30分
20:00-8:00 100円/60分
【最大料金】
平日20:00-8:00 300円
平日8:00-20:00 500円
土日祝8:00-20:00 700円
毎月25日8:00-20:00 400円

 

スポンサーリンク

 

北野天満宮と菅原道真と梅の花…

「東風吹かば匂い起こせよ梅の花主人なしとて春を忘れそ」

菅原道真公が筑前国(今の福岡県)に左遷された時に京に残してきた梅の木を歌った歌です。

北野天満宮は梅の花でも有名で敷地内には50種約1,500本の梅の木が植わっています。

また2月の縁日である2月25日には『梅花祭と梅花祭野点大茶湯(ばいかさいとばいかさいのだておおちゃのゆ)』が行われます。

早咲きの梅は12月中旬頃より蕾を膨らませ、新年に入り開花をはじめ3月末頃まで楽しむことができます。

最盛期には約2万平米の境内が紅白の梅で覆い尽くします。

是非、梅の北野天満宮もお楽しみ下さい。

 

スポンサーリンク

 

最後に

北野天満宮の1年の最初の天神さんの「初天神」をご紹介して参りましたがいかがだったでしょうか?

梅の花も咲き始めており、露天も沢山でており掘り出し物が見つかるかも!

ある意味、新年最初の運試しですね♪

是非「初天神」に足を運びその賑わいの中で新春を感じてみて下さい!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*